沖縄県内の電波トラブルなら沖縄ビジョンサービス!

有限会社沖縄ビジョンサービス

テレビ電波障害調査業務及び対策工事を
行う会社です。

098-875-6144営業時間平日午前9時〜午後6時まで

電波障害

電波障害って

電波障害とは何らかの影響により、良好に電波が受信できないことを言います。山陰などの地形的な理由によるものや、ビルや高速道路の様に大きな建造物によるもの等々です。電波障害にも、「しゃへい障害」、「反射障害」、「複数の要因が重なった複合障害」などがあります。

平成24年7月24日に完全デジタル化となりましたが、地上デジタル放送でも電波障害は発生します。

しゃへい障害

電波がくる方向にビルやマンションなどの建造物が建つと、その陰になる場所では電波の受信に影響を受けます。テレビの画面ではブロックノイズや画面フリーズが発生したり、ひどい場合は全く受信が出来なくなります。

しゃへい障害

反射障害

特に高層の建造物の場合では、建造物の高層部分に電波が当たって反射し、直接受信する電波より遅れて受信されるために、その反射波の強さや、時間差によってブロックノイズや画面フリーズが発生することがあります。

反射障害

対策方法

アンテナ対策

電波を良好に受信できる場所(屋上やその敷地内において)があれば移動し、使用中のものより高性能なアンテナに取り替えたり、増幅器(ブースター)を設置することで改善します。サテライト局(その地域専用の難視聴改善用放送局)の受信が可能であれば、その電波を受信するように調整するのも有効です。

共同受信施設による対策

受信障害を発生した建造物の屋上、又はその近くのテレビ電波を良好に受信できる場所にアンテナを設置し、そこから同軸ケーブルで受信障害の起きている各住宅に分配する方法です。

CATV

アンテナ対策や共同受信施設による対策ができない場合、有線放送(CATV)のある地域であれば加入することで改善が図れます。この場合視聴できるのは、地上波で受信できるのと同じチャンネルのみです。

電波障害調査

建造物が建った場合にどれほど影響が起きるのかを予測(事前調査)、又、建った後にどれだけ影響が起きているのかを調査(事後調査)します。

さらに、建物が大きく工事が長期化する場合や、近隣からのトラベルを早めに回避するために調査)中間調査)する事もあります。

規模、形状、建築場所などのデータをもとにパソコンで計算をし、現地では測定車にて電波の受信状況を調べます。

電波障害調査

電波障害調査が必要な市区町村

高層な建造物を建築する場合に、テレビ電波障害事前調査が必要かどうかは市町村によって異なります。基本的に10mを超える建物が対象となり、沖縄で調査の必要な市町村は以下の通りです。

(現在、他に準備段階の市町村有り)

  • 那覇市
  • 浦添市
  • 宜野湾市
  • 沖縄市
  • うるま市
  • 北谷町
  • 南風原町
  • 豊見城市

上記の市町村以外でも公共の建造物や、特に高い建造物・住宅密集地の場合には必要となることがあるので、各機関に問い合わせてください。

ページトップへ